日本・米国・中国・新興国株・FXの情報はグローバルリンクアドバイザーズ。戸松信博、陳満咲杜、デイトレーダーZERO、ボリ平、小池麻千子、水上紀行、田代尚機、松井宗則が連日情報を発信!創業16年の信頼、弊社利用実績者数2万人以上

ベトナム株ノーロードファンド3とは

  • HOME »
  • ベトナム株ノーロードファンド3とは

1. ベトナム株ノーロードファンド4の四大特徴

● 投資家による、投資家のためのファンドです

photo01 (3)

ベトナム株ノーロードファンドはベトナムの証券取引所に上場された株式や上場予定、未上場の会社への投資を行うファンドです(社債や国債などへの投資を含みます)。また、販売手数料無料のノーロードファンドとなっています。もちろん、販売手数料だけではなく、様々なコストを徹底的に削減。無駄のない組織で運営するからこそ極端にコストを抑えた、収益をできるだけ投資者の方に還元できるファンドを実現しました。

● 運用者の顔が見えるファンドです

photo02 (5)

グローバルリンクアドバイザーズ株式会社では、09年1月に投資運用業および第二種金融商品取引業の登録を完了致しました(※)。これにより、ファンドの運用はグローバルリンクアドバイザーズ株式会社代表取締役の戸松信博が行います。基本的には戸松信博自らが企業訪問を数多く行い、主要産業で高成長が期待できる銘柄を選別して購入。企業訪問時の様子は写真付きのレポートにて随時公開予定。ファンドがどのような企業にどのような視点から投資をしているのかが分かる、透明性の高い運用を目指します。

※2007年9月30日に施行された金融商品取引法により、集団投資スキーム(ファンド)持分の自己募集や出資を受けた財産の自己運用(有価証券等投資に限ります)には金融庁への登録義務が課されました。

 

● 割安になったベトナムを代表する王道企業へ投資

ベトナムを代表する株価指数であるVN指数(ホーチミン証券取引所上場の全銘柄からなる時価総額加重平均指数)は2007年3月12日の1170ポイントから、現在大幅に下落しており、2009年3月4日現在、244ポイントをつけております。しかし、それだけに上場、未上場を問わず、ベトナムを代表する企業の株価も大幅に値下がりしており、割安感は増している状況です。

一方で輸出関連や好景気時に投資を行ってきた企業の業績は悪化していますが、労働人口の増え続けるベトナムでは、たとえば08年の小売売上は07年比で30%を超える成長を達成しているため、内需関連やインフラ関連の業績が主の他好調な業績の銘柄が多いのです。

上場企業を見てみると配当利回り10%越えの銘柄やPER5倍を割り込む銘柄が多く存在する株価水準となっており、現在のこのタイミングを当ファンドはベトナムを代表する王道株を買い貯める非常に良いタイミングと考えています。

 

photo03 (3)   photo04 (2)   photo05 (4)

 

● 個人投資家では投資が極めて難しい有利な第三者割当、OTCやIPO等への投資を実現します

これまでグローバルリンクアドバイザーズが培ってきたベトナム現地での情報ネットワークを駆使し、ベトナム現地の証券会社に口座を開いても日本の個人投資家では投資することが極めて難しいOTC銘柄やIPOへの投資を実現します。

しかも現在OTC市場では、株価水準が非常に低い状態にあるため、たとえば、売り手がまず投げてこないと思えるくらいの、時価より大幅に下方乖離した低い指値をしておいて、資金繰りに困った人による投げ売りが出たら買うというバーゲンハンティングも可能です。

また、ベトナム株では、既存株主が市場で取引されている株価の数分の1の株価で新株を取得できる有償増資が多いのですが、日本の証券会社経由でベトナム個別株を購入した場合、法的な規制により有償増資の払い込みが出来ません(購入者への意思確認が、金融商品取引法上、有価証券の募集の類似行為となる恐れがあるため)。しかし当ファンドでは、勿論有償増資の権利も受けることができますので、日本の証券会社でベトナム株を購入するよりも、大きなアドバンテージになります。

 

2. ベトナム株ノーロードファンドが目指す投資スタイル

ベトナム経済は中国からの生産拠点のシフトなどによって大きく成長するステージに入っています。
『ベトナム株ノーロードファンド』では、上場、未上場を問わず、基本的にベトナムを代表するような王道企業に投資を行い、ベトナムの中長期的な経済成長の恩恵をストレートに享受できる運用を心がけます。

ベトナム株ノーロードファンドでは戸松信博自らが数多くのベトナム企業に訪問し、有望な投資対象を足で探して、まだ誰も買っていない時期、つまり割安な内に組み入れていくことを目指します。

photo08 (2)   photo13   photo06 (1)

 

3. ベトナム現地企業視察サンプルレポート

それでは、ここから実際に企業訪問を行ったベトナムの会社を写真を交えてご紹介したいと思います。当ファンドで購入する銘柄は、基本的には戸松信博が実際に現地訪問し、厳選して選定します。
企業訪問の様子は随時HPにて、下記のような写真付きのレポートでの報告を予定しております。

3-1. 企業訪問レポートの例 ~クーロン製薬(DCL)

 

4. ファンド概要

名称 ベトナム株ノーロードファンド3
~投資家による投資家のためのベトナム株ファンド~
商品分類 内国有価証券投資事業権利等に係る組合契約
ファンドの特徴・投資対象等 ベトナムの証券取引に上場された株式等(会社型投信含む)及び上場予定(OTC銘柄)・非上場の会社の株式への投資を通じ、その成長の恩恵を享受することを目的とします。企業訪問を数多く行い、主要産業で高成長が期待できる銘柄を選別して購入。企業訪問時の様子は写真付きのレポートにて随時公開予定。ファンドがどのような企業にどのような視点から投資しているのかが分かる、透明性の高い運用を目指します。
営業者 グローバルリンクアドバイザーズ株式会社
募集上限額 15億円
購入方法 原則として、インターネットでの契約申し込み
購入単位 1口=10万円、5口以上1口単位
販売手数料 なし
申込期間 申込期間 申込期間 2009年3月23日~2009年5月29日
投資資金の払込期限:5月29日午後3時まで
契約期間 3年:2009年6月1日~2012年5月31日
(運用者の裁量で2年延長の可能性あり)
会計期間 1年:毎年6月1日~5月末日
途中解約 原則、途中解約は不可
分配方針 匿名組合員は、出資割合に応じて、本営業から生じる利益を受ける権利を有し又は損失を負担する義務を負います。
ファンドの費用等 事業年度ごとに営業者に支払われる報酬は、以下により求められる金額の総額になります

  1. 管理報酬
    各事業年度の終了日における純資産額に対して年率1.5%に相当する金額。
  2. 情報提供会社に対する報酬
    各事業年度の終了日における純資産額に対して年率0.25%に相当する金額
  3. 成功報酬
    累計純キャピタルゲインの15%に相当する金額
    例:)100万円でスタートしたものが1年後に200万円となった場合。
    この場合、100万円の利益が出ているので1年目の成功報酬は100万円の15%である15万円となる。そして翌年、もしも300万円まで増えた場合、設定来の利益は200万円となり、その15%は30万円である。
    しかし、1年目に15万円が既に計上されているため、2年目の成功報酬額は30万円-15万円=15万円となる。
  4. その他
    上記以外のその他の費用などに関しましては、お申し込みの際に契約締結前交付書面(兼交付目論見書)及び匿名組合契約書をご確認ください。
ファンドの主なリスク
  1. ファンドへの投資に伴うリスク(価格変動リスクや配当金の変動、信用リスク等)
  2. 外国株式等への投資に伴うリスク(為替変動リスクやカントリーリスク等)
  3. その他のリスクは契約締結前交付書面(兼交付目論見書)及び匿名組合契約書をご確認ください。
販売会社 グローバルリンクアドバイザーズ株式会社

※ お申し込みの際には契約締結前交付書面(兼交付目論見書)、匿名組合契約書をよくお読みください。



無料メルマガ登録

口座開設

会員エリアログイン

Q&A

お問い合わせ

会社案内


PAGETOP
Copyright© 2015 Global Link Advisers Co.,Ltd. All Rights Reserved.